読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアをリングする

プログラをミングしたり。

my web site twitter

site44に使うディレクトリをシンボリックリンクで変更する

DropBoxをサーバーにしてサイトを公開できる、site44というサービスがあります。

無料ですし、DropBoxのアカウントを持っていれば1分程度で公開できるので、静的なちょっとしたサイトをぱぱっとネット上に公開したいときなどにとても便利です。
ただ、公開用に使うフォルダが指定されるため、既に別のフォルダで開発を進めているときなどはちょっと不便です。

シンボリックリンクはってDropBox内の別のフォルダを公開用フォルダにできないのかな?と思ってやってみたらできたので手順をメモします。
(まあ、普通にはるだけなんですが)

既にsite44利用中の方はアカウント作成手順を飛ばしてください。

DropBoxのアカウントを作成(ない場合)

なにかと便利なので登録しちゃいましょう。いかに便利かはそのうちまた書きます。
こちらから登録すると招待ボーナスでわたしとあなたにプラス500MBの容量がプレゼントされます!
ここらでWin-Winの関係を築きましょう!

site44に登録

TOPからだと無料プランの登録のしかたがちょっとわかりづらいので書いておきます。

  1. site44のプラン一覧ページを表示。
  2. 「free」の列の白い「Sign up」ボタンをクリック。
  3. ログインしていない場合はログイン画面が表示されるのでログイン。
  4. site44からDropBoxへのアクセス許可を求められるので「許可」をクリック。

これで、登録は完了です。
続いてサイトのドメインを決めれば、公開準備完了です。

  1. site44の管理画面に遷移しているはずなので、「Create a new website」ボタンをクリック
  2. 公開されるサイトの希望ドメインを入力(○○.site44.comのようにサブドメイン部分を決められます)
  3. 規約同意画面で「Accept」をクリック

準備完了。例としてサブドメインを「example」にした場合、
Dropbox/アプリ/site44/example.site44.com/index.html
が自動で作られ、example.site44.comにアクセスするとindex.htmlをWebページとして見られる状態になっています。
(見られない場合は30秒ほど待ってからアクセスしてみてください)

ここからが本題です。

ちなみに当記事はこのブログの最初の記事です。慣れてないです。
なまあたたかい目で見守ってくださると幸いです。

他のディレクトリを公開用に使いたい!

site44でサイトとして公開できるのは、site44が作ってくれた「DropBox/アプリ/site44/hoge.site44.com/」だけです。
でも、既にDropBox内の別のフォルダをドキュメントルートとして開発を進めている場合、そのフォルダを公開用フォルダにしたいですよね?

シンボリックリンクをはる

はってみましょう。
/Dropbox/sites/example/html で開発を進めていたとします。 先に、さっき作られた「example.site44.com」のフォルダを消すか、名前を変更しておいてください。

ターミナルを開き、以下のコマンドでシンボリックリンクをはります。

  ln -s ~/Dropbox/sites/example/html ~/Dropbox/アプリ/site44/example.site44.com

ln -s [リンク先のパス] [シンボリックリンクのパス] です。
パスは適宜変更してください。

ls -l ~/Dropbox/アプリ/site44/ なんかでシンボリックリンクがはれているのを確認できたらブラウザからみてみましょう!
サイトが表示されて、/Dropbox/sites/example/html 内の変更が反映されればOKです。

一点注意

DropBoxの指定のフォルダがそのまま公開されるので、たとえば/Dropbox/sites/example/htmlをGitで管理している場合、.gitフォルダが公開されてしまいます。
あまりよろしくなかったりするので気をつけましょう。
私は一階層上の/example内に.gitが置かれるようにしました。
公開するファイルを選べたりするといいんですけどね。

おわり

シンボリックリンクでいけそうじゃね?と思って調べてみても情報が見当たらなかったのでだめなのかと思ったのですが、やったらできたので、ブログかこーとおもって開設しました。
今後もちまちま書いていきたいと思います。