読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアをリングする

プログラをミングしたり。

my web site twitter

24年を振り返る。

ってことで24歳になっちゃいました。早いものですね。
この1年はたしてどんな歳になるのでしょうか。
正直去年ぐらいからいろいろと激動で、1ヶ月後のことも予想できない感じで毎日生きています。

数日前に思いついたんですが、ちょうど24年なので、生まれてから今までの流れを1日(24h)に換算して振り返ってみようと思います。
時間はそのまま年齢で、分数は1ヶ月が5分です。12*5=60でぴったり。

よしこの24h


あなたが今これを読んでいるということは、もうここによしこの24hはないでしょう。
(恥ずかしくなったので24時間後に消しました)


こうしてみると働き出したのって夜からなんですね。っていうか学生時代長いなぁ・・・
小学校とか中学校とか正直あまり楽しくなかったのですが、社会人になってからは楽しいので、紆余曲折あったけどなんとか生きてきてエンジニアになれてよかったなぁと思います。本当によかった。
あと1日生きたら、48歳ですね。人生も折り返しです。
そう考えると人生ってたった4日ぐらいなんだなぁ。

23歳のハイライト

やっぱりグッドパッチに入社したことと、本をだせたことでしょうか。

グッドパッチには今年の6月に入社して、今ちょうど半年経ったのですが、とてもいい会社だと思います。
まずみんな若い!!
いままではだいたいどこいってもほぼ最年少だったのに、グッドパッチでは同い年や年下がごろごろいて、しかもみんな優秀。。。
文化としても歳を気にするような感じじゃなく、その人は何ができるのか?どんな価値を生み出せるのか?という視点でやりとりをしている気がするので、年齢に甘えるということがなくなります。あと優秀な女性の方もすごく多いので刺激になります。
開発環境も快適だし、みんな新しいことが好きだし、プロダクトのデザインにこだわる姿勢があるし(デザインの会社としては当たり前かもだけどエンジニア目線だと決して当たり前ではなかった)、いい会社だなーと思います。まだまだこれからの部分もたくさんあるけど、グッドパッチに入ってよかったと思っています。
(ちなみにエンジニア絶賛募集中なので、気になる方はWantedlyをポチるか、わたしに声をかけてくださいねー!)

モダンコーディング本については今年の1月から10月まで作業していて、その間の後悔の数も、消費したエナジードリンクの数も数えきれないですね・・・普段コードを書くことに比べたら、文章書くのってびっくりするほど大変でした。
でも本当にやってよかったです。それは出してから良い評判をいただけていることもありますが、なにより本を書く前と書いたあとの自分が書くHTMLとCSSが変わりました。最近仕事でコーディングしていて露骨に感じます。
10ヶ月間めちゃくちゃ調べてめちゃくちゃ悩んだことはちゃんと血となり肉となっているんだな、という感じですね。
あの本で一番勉強できたのは自分自身だと思っています。

ただ書きたかったのに書けなかったTipsもあるし、もうちょっとこう進めればよかったなという反省もいろいろあります><
でも、おそらく人生で一番頑張りました!やったぜ!

24歳でやりたいこと

23歳はほぼ執筆に捧げてたので、そのぶんこの1年プログラミングと私生活にはあまりリソースさけなかったなぁ・・・という実感がすごくあります。
なのでそのぶんを取り返していきたい!!
わたしはHTML/CSSコーディングも好きですがやっぱりプログラマーだしプログラミングが一番好きです。
特に全体の設計の部分をあれこれ考えるのが楽しいし、もっと考えたい。
アウトプットはすこしゆるめて、その辺りを考えられるだけのインプットをたくさんいれたいなと思っています。
今やりたいのはReactとTypeScriptかなぁ。静的型付け言語をやったことがないのでそろそろ触ってみたい。(AltJSでかよって感じだけど・・・)
SPAだと設計もプログラミングもマークアップもスタイリングも楽しめて最高なんだもん。

というわけで

はじめてのウィッシュリストおいときますね!

www.amazon.co.jp

今夜はSCRIPTY#4で登壇だーー!!